測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > 事業内容 > 土質調査  
土質調査
地盤調査時の土のサンプリング

建物基礎設計には通常、ボーリングを行なって計画するのが一般的です。ボーリングとは、「土を掘り、土質を見る」ことと「標準貫入試験といって土の固さの標準であるN値を測定」するものです。しかし、住宅建設においては、土の固さの指標であるN値に近いものをスウェーデン式サウンディング試験で測定しますが、肝心の土の性質を知るための、土の掘り出しは行なわれません。住宅が将来に渡り、安心、安全で問題なく住めるようにするため、基礎から下の検討は重要です。
弊社では住宅用の地盤調査時においても、専用の道具や装置を使用して、土のサンプリングを行ない、土質の判断や分布状況、不同沈下の恐れがあるのかどうかを確認したり、地盤補強工事の工事費を経済的に提案することができます。最近心配な地震による液状化などの検討を行なうこともできます。
※可能土質試験 含水比、ふるいわけ、沈降、PH、質量、配合試験

地盤調査時の土のサンプリング

地盤調査時の土のサンプリング


ポイント
1 建物設計には、土質の判断が必要です。砂質なのか、粘土質なのかで、設計内容が大きく変ってしまいます。
1 スウェーデン式サウンディング試験は静的貫入試験なので、土質判別はできません。貫入時の抵抗などで土質を推定するもので正確ではありません。
1 軟弱地盤では地盤補強が必要になりますが、地盤補強の中でもセメント系固化材を用いたものは事前にサンプルした土で固まり具合を確認すると正確かつ適量な設計が可能です。
 
1 実際に土を掘ることで、有機質土や廃材、盛土などの有無を確認することが可能です。

  特徴
 
トラバースでは、スウェーデン式サウンディング試験孔を利用したサンプリング方法から、専用のトラックオーガー土取り装置まで用意して必要に応じた土の量を採取することができます。
一般に確認される事の少ない地下水位が、サンプリング孔を利用して測定でき、液状化の恐れがある地域においての検討を可能とします。