測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > ハイブリッド工法 > GGパイル工法の特徴と概要  
GGパイル工法の特徴と概要

鋼管ソイルセメント杭工法 GGパイル

GGパイル工法の特徴と概要 GGパイル工法の性能評価事項 GGパイル工法の支持力計算例
特徴
鋼管杭の「信頼性」と、ソイルセメントコラムの「高摩擦力」を合体した基礎杭工法です。摩擦力特性に優れています。
  • ソイルセメントコラムの摩擦力を活かし高支持力 鋼管杭に巻きつけたらせん鉄筋が、ソイルセメントコラムと付着することで、効果的に荷重を伝え、ソイルセメントコラムの摩擦力を活かすことで大きな支持力を確保します。
  • 機械装置の小型化でコンパクト施工が可能 住宅建設で培った機械装置の小型化で、搬入路の狭い場所や、狭隘地での施工が可能。低騒音・低振動で環境面に配慮できます。
  • 施工に伴う残土を低減 埋め込み杭のような排土もなく、ソイルセメントコラムと比較しても本数や長さ、コラム径が減少することにより、現場から発生する残土やノロを低減でき、環境面に優しい工法です。
  • 軟弱地盤でも計画可能 ソイルセメントコラムの高い摩擦力を有効に活かすことで、軟弱地盤でも支持力を確保できます。先端地盤支持力が小さい場合でも高い摩擦力が補います。
  • 2つの材料で水平剛性が向上 鋼管杭と一体になっているソイルセメントコラムにより、水平地盤反力係数khが向上し、大きな水平支持力を実現します。
工法概略図
GGP工法の水平載荷試験結果比較 表

※くい施工地盤面から鋼管ぐい先端までの長さとする。
※130Dp以下とする。

概要
本工法は、鋼管杭に、らせん鉄筋及び、ずれ止め鉄筋を巻き付けたものを、ソイルセメントコラム(深層混合処理工法)の芯部に埋設し、基礎杭として利用する鋼管ソイルセメント杭工法である。
基礎杭の構造 施工設備概要図

施工設備概要図

ソイルセメントコラム施工サイクル例

ソイルセメントコラム施工サイクル例

鋼管の仕様 先端分散距離 Lb 鋼管ぐいとソイルセメントコラムの組み合わせ例 羽根切り回転数 セメントスラリーの仕様 撹拌翼仕様 2種類のタイプがあります