測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > 事業内容 > 鋼管杭  
鋼管杭
鋼管杭工法
柱状改良の特徴   鋼管杭工事の特徴
 ・比較的支持層の深い支持地盤に適応
 ・既成材料なので、現地での品質安定
 ・水平力分担を検討することも可能
 ・小径鋼管なので、打設管理が重要
 ・施工に伴う残土発生はほとんど無い
 ・3m未満の長さは設計計画困難
 ・主として先端支持なので高支持地盤要す
 ・擁壁などに隣接施工でも影響は少ない
 ・崖条例規制などの対策に計画しやすい


鋼管杭工法 施工手順
鋼管杭工法

1.杭を吊り込んで、杭先端を杭芯にセットし、振れ止め装置で固定する。
2.杭に回転駆動装置により回転力を与えて地盤中に回転貫入させる。
  3.下杭を適切な位置で打ち止め、中杭あるいは上杭を接続する。
4.所定の深度まで回転貫入させて打ち止め、回転キャップを外して施工を完了する。
  5.杭芯ずれが許容値内であることを確認し、杭頭キャップをする。
6.施工完了後に施工機械を用いた載荷試験を行い、支持力の確認をする。


鋼管杭工事
施工機械
施工機械
材料荷受け
材料荷受け
先端翼付鋼管杭
先端翼付鋼管杭
杭載荷試験
杭載荷試験