測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > ハイブリッド工法 > PPG工法  
PPG工法を知るための4つのポイント
低層住宅向け小口径鋼管を用いた杭状地盤補強工法 PPG工法
PPG工法を知るための4つのポイント PPG工法の設計・施工フロー PPG工法の支持力算定
PPG工法の許容支持力早見表    

「PPG工法」を知るための4つのポイント

POINT1 PPG工法の概要

PPG工法は、杭状地盤補強材(以下、鋼管と呼ぶ)の先端支持地盤を有効に利用するため、鋼管径の3倍程度の螺旋翼(先端拡底翼)を取り付けた拡底型と地盤の摩擦力を有効に利用するため、鋼管径より外側に吐出するものが無く、鋼管先端(完全閉塞)に掘削刃を付けたストレート型の2種類から構成されている。本工法は、上記の鋼管を回転貫入し、基礎下部に配置する工法である。鋼管頭部に回転トルク及び圧入力を与えることによって地中埋設し、地上部では、無排土の状態で回転貫入することが出来る。また、低騒音・低振動での施工が可能であり、先端根固めやプレボーリング等を必要としないことから、排土処理が一切不要であり、土壌汚染の心配がなく、環境に与える負荷の小さい工法である。

建築技術性能証明書

●建築技術性能証明書

POINT2 鋼管の仕様・特徴・対策

  • ■拡底型・ストレート型の2タイプ。地盤特性に合わせて選択できます。
  • ■環境に優しい「回転圧入工法」。低振動・低騒音・無廃土です。
  • ■支持地盤土質を選びません。粘土質・砂質(レキ質含む)に対応。
  • ■鋼管杭種…5タイプ Φ89.1、Φ101.6、Φ114.3、Φ139.8、Φ165.2 過剰設計回避。
  • ■支持力特性は、拡底…先端支持系・ストレート…摩擦支持系 の2通り。
  • ■先端拡底翼は一枚の板からなり、鋼性が高くなっています。
  • ■低価格対策@…扱い易い径のため施工機小型化。
  • ■低価格対策A…管材流通コストをスリム化。
  • ■万全な設計・施工管理。PPG工法協会による徹底管理。
  • ■低層小規模住宅に特化。必要最小限の鋼管仕様に限定化。

PPGの構成(2タイプ)

POINT3 多様な採用効果

POINT4 PPG適用範囲

適用地盤

鋼管先端地盤は、粘土質地盤、砂質地盤または礫質地盤とする。
周面摩擦力考慮地盤は、粘土質地盤、砂質地盤及び礫質地盤とする。

最大施工深さ

施工地盤面から10m以下とする。ただし、表層から軟弱層が続きスウェーデン式サウンディング試験(以後SWS試験と呼ぶ)で地盤調査が可能な場合で、SWS試験結果が既存資料や近隣の標準貫入試験(以後SPT試験と呼ぶ)結果より適切であることが確認できる場合には、補強材の最大施工深さは130Dとする。

最大施工深さ

適用建築物

適用する建築物の規模は、以下を全て満足するものとする。
@地上3階以下 A高さ13m以下 B延べ面積1,500u以下(平屋に限り3000u以下)