測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > ハイブリッド工法 > PPG工法  
PPG工法を知るための4つのポイント
大臣認定版 PPG工法
PPG工法を知るための4つのポイント PPG工法の施工フローと管理項目 PPG工法の支持力算定
PPG工法の許容支持力早見表    

「PPG工法」を知るための4つのポイント

POINT1 PPG工法の概要

PPG工法は、杭状地盤補強材として第3者証明を取得し、低層建築物に全国で1万棟を超える採用を得た工法である。この度、社会のニーズに答える形で、基礎ぐいとして採用できるよう、新たに国土交通大臣認定を取得しました。小口径鋼管の先端に鋼管径の3倍程度の拡底翼を取り付けて、先端支持力を向上した鋼管回転貫入工法です。先端部の拡底部は2枚の掘削羽を有し、掘進力に優れています。低騒音、無廃土で環境面に与える負荷の少ない工法です。

POINT2 鋼管の仕様・特徴・対策

  • ■環境に優しい「回転圧入工法」低騒音、邸振動、無廃土です。
  • ■支持地盤土質を選びません。粘土質、砂質(礫質含む)に対応
  • ■鋼管杭種は5タイプ、Φ89.1、Φ101.6、Φ114.3、Φ139.8、Φ165.2
  • ■先端拡底は1枚の板からなり、鋼性が高くなっています。
  • ■低価格対策@扱いやすい径のため施工機小型化
  • ■低価格対策A管材流通コストをスリム化
  • ■万全な設計・施工管理、PPG工法協会による徹底管理
  • ■中低層規模建築物に特化、必要最小限の鋼管仕様に限定化

POINT3 多様な採用効果

POINT4 PPG適用範囲

適用地盤

1) 基礎ぐいの先端付近の地盤:砂質地盤(礫質地盤を含む)、粘土質地盤
2) 基礎ぐいの周囲の地盤:砂質地盤、粘土質地盤

最大施工深さ

基礎ぐいの最大施工深さは、くい施工地盤面から基礎ぐいの先端までの長さとし、21.47m(ただし、130D以下)とする。

最大施工深さ

適用建築物

各階の床面積の合計が500,000u以下の建築物に適用する。