測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > 事業内容 > PV向けサンダーパイル工法   
PV向けサンダーパイル工法
PV向けサンダーパイル工法

PV向けサンダーパイル工法


標準仕様と高基礎仕様

標準仕様と高基礎仕様
段付鋼管の仕様

段付鋼管の仕様

特徴  
1 短工期での施工が可能なため費用を抑制できます
2 転石(ガラ)や玉石を含む地盤でも施工が可能
・これまでのコンクリートブロック基礎に比べ施工時間が圧倒的に早くなります。
・羽根付き鋼管杭やスパイラル系基礎杭を使用しないので硬い地盤でも精度管理が容易です。
・事前の地盤調査をお勧め致します。
3 オプションとして高基礎も実施
4 架台メーカー各社に合わせた検討も可能
・架台メーカーローディングデータをもとに基礎必要強度を算出します。
5 高耐食溶融亜鉛メッキ使用防錆しているので長持ちします
・メッキ試験証明書の発行も可能。
・重塩害地域の対応も可能。(オプション)
6 撤去も容易に可能です
7 傾斜地への対応もできます(施工条件付)
8 基礎補償10年
・これまでは、PVパネルや架台には補償付がありましたが、基礎に10年保証をします。
[保険金額]
1事故2,000万円
[補償内容]
@基礎工事の修正費用
A損傷した設備の修理費用
B損傷による逸失利益
特徴

合理化された施工のPV用サンダーパイル工法なら、短工期・低価格です。

PV用サンダーパイル工法なら、傾斜地での施工対応ができます。

測量・地盤調査から杭施工まで