測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
     
HOME > 地盤改良 > スーパー・アイ・マーク工法II  
スーパー・アイ・マーク工法II
一般建築物向け
★小規模建築物の適用範囲 地上階:3階以下・建物高さ:13m以下・軒高:9m以下・延べ面積:500u以下・擁壁高さ:2m以下
 
従来の小規模建築物向けの制限があったアイ・マーク工法を需要の多い一般向けの建築・土木用に新たに開発した柱状改良工法です。小規模建築物にも採用できるようになりました。
 
従来工法である、「アイ・マーク工法」の技術を踏襲し、更なる開発を加えました。
ソイル径Φ400とΦ500を追加。小規模建築物用管理規定追加。
■新開発「攪拌翼」採用により羽根切り回転特性を向上させ、V型攪拌を可能にしました。
■業界初、全長ソイル採取による施工直後のソイル品質管理が可能。
■ソイル径は、Φ400〜1000oとなり、幅広い需要に対応が可能。
■「アイ・マーク工法」と同様に、施工重機はコンパクト。(6〜15tクラス)
■近隣に及ぼす騒音・振動の心配がほとんどありません。
■小規模建築物を対象とした実績のある地盤において、設計基準強度Fc=600〜900kN/uの範囲であれば、固化材添加量350kg/m³とすることで配合試験は省略できます。
施工事例出来型確認
 
試掘作業に使用する設備の仕様
スーパー・アイ・マーク工法IIでは、本施工前に現地盤に試掘を行う。試掘作業では、土質及びpHの確認を行い、ソイルセメントコラムの設計時に設定した地盤条件と相違がないか確認する。下図に試掘ロッドの詳細を示す。pH測定器は土壌酸度計を使用する。
試掘作業に使用する設備の仕様
 
攪拌翼
羽根切り回転特性を向上させV型攪拌を可能にしました。
攪拌翼の詳細
コラム径Φ400〜1000までの良質な混合撹拌を実現する為に、共回り防止枠を使用した高性能な撹拌翼です。

 
プラントセット
固化材液の吐出・混練り能力を可能な限り大きくした大型ポンプ・アジテーター・サイロを使用。
スーパーアイマーク工法U用、大口径ソイル施工に適したアジテーター大型ポンプを採用する事により、施工速度を確保しました。
 
プラントセットの仕様
プラントセットの仕様
  プラントセットの内容
施工重機(6〜15tクラス)
番号 設備名 機能
サイロ 固化材を備蓄
ミキサー 固化材と水を混合撹拌
荷重計 固化材の重量管理
スクイズポンプ 施工機へ固化材液を圧送
水槽 水を備蓄(容量3〜20)
水中ポンプ 水をミキサーへ圧送
流量計 ミキサーへ送る水量管理
アジテーター 精製された固化材液を攪拌し品質を保持する
 
施工方法
アイ・マークII工法同様のV型施工。
羽根枚数を多くして(8枚)、一回転当たりの混合撹拌能力を重視した翼構造により、V型施工で充分な品質を確保します。最低羽根切り回数は、砂・礫500回、粘性土・ローム600回を最低値とします。
 
品質管理
全長コアボーリングによる品質検査と、小規模建築物用管理方法の2種類。
スーパー・アイ・マーク工法Uでは、ソイルセメントコラムからボーリングコアにより供試体を 採取し、供試体に1軸圧縮強度試験を行い、ソイルセメントコラムの強度確認を行います。
 
施工機械の施工条件
「スーパー・アイ・マーク工法II」では、施工機械を3種類に分別し、現地盤土性・施工規模・施工数量・施工機械搬出入路等の現場条件を考慮して施工機械を選定する。下表に各施工機毎の施工条件・基本機種を示す。下表を用いて、施工条件に最も適合する機械を選定する。
一般と比べ、比較的小型の重機で施工が可能。新開発のGウィングの特性とリンクして性能を発揮します。
 
施工機械の施工条件
条件/機種 施工可能
コラム径(mm)
施工可能
コラム長(m)
施工
最小幅(mm)
Type-I 800〜1000 10.0以下 2872
Type-II 400〜1000 10.0以下 2415
Type-III 400〜800 8.0以下 1380
 
機種 基本機種
Type-I DHJ-25【日本車輌製造(株)】
CAT 312C S-15A【新キャタピラー三菱(株)】
Type-II DHJ-10、DHJ-12【日本車輌製造(株)】
TRS-63,100【(株)トラバース】
GI-50CS【(株)ワイビーエム】
GT2-1000【(株)東亜利根ボーリング】
Type-III DHJ-06、DHJ-07、DHJ-08、NB-70、NB-60-2【日本車輌製造(株)】
TRS-55【(株)トラバース】
 
支持力計算例
 
スーパー・アイ・マーク工法II コラム径(mm) 先端N値 コラム
設計強度
kN/
基礎寸法
面積あたり
m
コラム
基礎あたり
本数
改良率
基礎面積/
改良面積
3 5 7 10 12 15 20 25
コラム許容鉛直支持力度 kN/
Φ400 20 28 30 30 30       600 1.0×1.0 1 12.5%
Φ500 30 40 40 40 40       600 1.0×1.0 1 19.6%
Φ600 39 53 60 60 60       600 1.0×1.0 1 28.2%
Φ700 50 69 87 94 94 94     700 1.0×1.0 1 38.4%
Φ800 62 87 111 138 138 138     800 1.0×1.0 1 50.2%
Φ900 75 107 137 175 190 190     900 1.0×1.0 1 63.6%
Φ1000 89 129 166 213 240 263 263   1000 1.0×1.0 1 78.5%
Φ1000 89 129 166 213 240 296 316 316 1200 1.0×1.0 1 78.5%
コラム長 4.5m
※条件・・・ コラム周辺地盤は粘性土 平均N=2 コラム先端地盤は砂質土
  施工長5.0m(空堀0.5m含) 推定水位2m
 
スーパー・アイ・マーク工法U コラム径(mm) 先端N値 コラム
設計強度
kN/
基礎寸法
面積あたり
m
コラム
基礎あたり
本数
改良率
基礎面積/
改良面積
3 5 7 10 12 15 20 25
コラム許容鉛直支持力度 kN/
Φ400 16 20 22 22 22       600 1.0×1.0 1 12.5%
Φ500 23 30 32 32 32       600 1.0×1.0 1 19.6%
Φ600 31 41 45 45 45       600 1.0×1.0 1 28.2%
Φ700 40 54 59 75 85 92 95   700 1.0×1.0 1 38.4%
Φ800 51 69 76 97 110 135 139 139 800 1.0×1.0 1 50.2%
Φ900 63 85 94 122 137 170 195 195 900 1.0×1.0 1 63.6%
Φ1000 76 104 115 149 169 209 263 263 1000 1.0×1.0 1 78.5%
Φ1000 76 104 115 149 169 209 263 316 1200 1.0×1.0 1 78.5%
コラム長 2.5m
※条件・・・ コラム周辺地盤は粘性土 平均N=2 コラム先端地盤は砂質土
  施工長3.0m(空堀0.5m含) 推定水位2m