測量・調査・設計・地盤改良工事 株式会社トラバース
地盤保証
地盤保証
調査
地盤調査
敷地調査
地盤対策
地盤改良
鋼管杭
ハイブリッド工法
   
ホーム 会社案内 事業内容 技術・サービス 採用情報 お問合せ リンク
     
   
HOME > ハイブリッド工法 > トルネードパイル工法  
トルネードパイル工法の特徴と概要
トルネードパイル工法
トルネードパイル工法の特徴と概要
トルネードパイル工法とはらせん溝付鋼管を芯材として用いたソイルセメントコラム工法です
トルネードパイルは、小規模建築物の地盤改良に多用されているソイルセメントコラム工法(深層混合処理工法)の芯部に外面らせん溝付鋼管を挿入したものです。 ソイルセメントコラム工法については、既に性能証明を取得しているアイ・マーク工法(GBRC性能証明 第16-14号 改1) を適用し、設計・施工管理を行うことで、良好な品質を確保しています。 芯材は、図1に示すように冷間製造された電縫鋼管を回転するリング状の突起付ダイス内に挿入し、引き抜き加工することで、管外表面を連続的かつらせん状に溝加工し、付着力の増大を考慮した鋼管を製造し、利用します。
トルネードパイル工法は、らせん溝付鋼管の安定した材料強度と大きな付着力により、ソイルセメントコラム工法の短所であるコラム強度の低さ、及びコラム強度のバラツキを補うことで、ソイルセメントコラム工法の持つ、高い潜在能力を引き出し、高い支持力性能を発揮します。 また、ソイルセメントコラムは、曲げ、せん断、引張り荷重に対し耐力が小さく、水平力が発生するような構造物および地盤状況では設計が困難であるが、トルネードパイル工法は、曲げ、せん断、引張り荷重に対し強度が安定しているらせん溝付鋼管を芯材として用いるため、高支持力化と共にせん断耐力及び曲げ耐力を大幅に増大させることで、水平力にも対応出来る構造にしています。 さらに、高支持力化の実現は、改良本数の低減と改良径の縮小化をもたらし、固化材使用量及び発生残土量を大幅に低減することから、環境負荷に対して優れた性能を発揮します。
【適用】
【仕様】
【施工装置・施工設備】
【施工手順】
【許容鉛直支持力式】
【なぜソイルセメントコラム工法と同じ径でも高支持力なのか?】
【工法例】